2015.04.05 18:55

指原莉乃、しんちゃんに「まゆゆに入れない?」選抜総選挙に言及

HKT48の指原莉乃が、AKB48選抜総選挙について言及した。

5日、都内で行われた映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』の完成披露試写会舞台挨拶に、お笑いコンビ・日本エレキテル連合らとともに出席。

冒頭に野原しんのすけから、「どうしたらメキシコでイケてる坊主のセンターを獲れますか?」とアドバイスを求められた指原は、「教えてあげたいんだけど…指原センターじゃないんだよね。それは前の話なの」と自虐的に答え、「今年の選挙でもし1位になれたらセンターになれるから、投票してよ」と逆にお願いし、「まゆゆ(渡辺麻友)に入れない?信じているね」と念を押した。

さらに、しんのすけから「センターから見える風景は違う?」と聞かれた指原は、「全然違います。だってセンターには誰もいないけど、端に行ったらいっぱいいるから何が何だか分からない」と答え、しんのすけから「大変な現場で生きているんですね」と感心されると、「そうなんです。今日は常に真ん中のほうだから嬉しいです」と笑顔を見せていた。

◆苦戦のアフレコを振り返る

また、同作を見た感想を求められた指原は、「しんちゃんファミリーに入ると、自分の下手さがより目立って恥ずかしかったです」と吐露し、「14歳の役なのに声が全然14歳じゃないと言われて苦戦したので、そこに注目していただけたらなと思います」とアピール。

どうやって14歳の声を出したか聞かれると、「気持ちをピュアに戻して、純真無垢をイメージしてやりました」と明かし、「だんだん上手くなっていって安心しました」と自画自賛した。

日本エレキテル連合の出演シーンについて指原は、「エレキテルさんお2人のシーンが衝撃的すぎて印象的でした。ちょっと小さいお子さんはビックリしちゃうかも」と印象を語り、中野聡子は「臨場感たっぷりにいろんなパターンを撮らせてもらったんだけど、一番無難なやつを使っていただいていましたね(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。

同作は、シリーズの映画史上初めて、野原家は春日部から引越しをして舞台をメキシコに移し、仲間たちとのつらい別れを乗り越え、慣れない土地や文化、動くサボテンに立ち向かう野原家の姿を描く。

このほか、舞台挨拶にはレギュラー声優の矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎみさとが登壇した。映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は18日より全国東宝系にてロードショー。(modelpress編集部)

スポンサード リンク
HKT48 LIVE!! ON DEMAND

雑誌

CD

DVD/Blu-ray

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031